HMB 糖尿病

HMBは糖尿病にも効果的なの?

筋トレ

 

HMBと糖尿病は直接的には関係ない!?

 

HMBは糖尿病には関係ないです。

 

強いて言うのであれば、タンパク質の摂取が必要だが、脂質や糖質は避けたいという場合には効果的といえます。
しかし、これは糖尿病に限った話ではなく、単にそのようなシチュエーションにおいて効果的というだけのことです。

 

HMBの摂取のメインの目的は筋トレによって傷ついた筋繊維をより強く太く成長させるということになります。

 

筋トレをすると筋繊維が傷つくのですが、その再生のためにはタンパク質が不可欠です。

 

またタンパク質の必要量が普段よりも筋トレをすると増えるのですが、
それを通常の食事のみで摂取しようとすると、脂質や糖質の過剰摂取になる可能性が高いです。

 

なのでHMBで補うということになります。

 

 

筋トレをすることで多くのメリット生まれる!

 

筋トレというのはダイエットをしている人にも有効で、むしろよほど太っているという場合でない限り、有酸素運動は不要とも言えます。
有酸素運動は脂肪燃焼には効果的なのですが、それ以外の効果が低く、また時間もかかります。

 

筋トレのような無酸素運動はすぐに終わるので、運動時の脂肪燃焼効果は低いのですが、
成長ホルモンや代謝の影響によって脂肪が燃焼していきます。

 

また、筋肉がつくことによって引き締まって見えるというメリットもあります。

 

他には全身の血流と代謝が高まるので、肌や内臓にも良い影響を与えます。
人間の体は全身細胞が入れ替わっているのですが、筋トレによってその細胞の入れ替わりが促進されるということです。